三栄運送株式会社

TOP 会社案内 取扱業務 引越サービス 引越プラン 引越お役立ち情報 お見積り お問合わせ
 

お役立ち情報

 

諸手続

 
転出届
国民年金 旧住所の市区町村役所に行く、国民年金手帳、印鑑、転出証明書が必要 ※転出届と一緒に済ませる
国民健康保険 旧住所の市区町村役所に行く、国民健康保険証、印鑑、転出証明書が必要 ※転出届と一緒に済ませる
福祉関係 乳児医療、児童手当、老人医療など、印鑑、転出証明書が必要 ※転出届と一緒に済ませる
口座の住所変更 取引銀行・郵便局他へ印鑑と通帳を持って行く
電気・ガス・水道
の停止連絡
各社営業所窓口へ電話で転居日を通知
(地域によってはインターネットでの受付も可能)
電話(移転) 「116」へ連絡をする。なお、工事の際は立会いが必要なので、早めに工事日の予約を済ませる
転居はがきの発送 転居してもすぐに連絡がつくように、新住所を記載したはがきを、1週間前までに発送しておく
 
新聞の解約・精算
郵便物の転送届け 旧住所の所轄郵便局の窓口に行って、転送届けの手続きのはがきを記入してポストに投函
ペット手続き 旧住所の所轄保健所に行って、印鑑・旧監札・予防注射済証が必要
家賃の精算 残りの家賃や管理費、敷金の返還など
 
旧住所の近所への挨拶
旧住まいの清掃 できるだけ傷みやキズを目立たないように修復して退去すれば、不要な修復費を払うことも少なくなる
新住まいの清掃 拭き掃除だけはしておくと良い。
引越し費用の準備 ゆとりを持って用意しておく、通帳など貴重品は当日に持参するバッグにいれておく
 
電気・ガス・水道の
使用開始
荷下ろしの立会い 荷物・家具をどこにおくか、指示をする
引越し料金の精算 拭き掃除だけはしておくと良い。
引越し費用の準備 領収書は必ずもらっておく
 
転入届
印鑑登録 新住所の市区町村役所に行く、登録印が必要 ※転入届と一緒に済ませる
国民健康保険 新住所の市区町村役所に行く、印鑑が必要 ※転入届と一緒に済ませる
運転免許証 新住所の所轄警察署に行く、新住民票、免許証、写真(都道府県が変わる場合)が必要
自動車の登録変更 所轄の陸運支局が変わった場合、新住所を所轄する陸運支局で手続きをする。
新しい住民票、印鑑、車体、車検証、自賠責保険証、自動車税領収書、自動車保管場所証明書をが必要
新聞の契約 新聞店に連絡をし、新住所で新規に契約する
クレジットカードの
住所変更
クレジット会社に電話連絡
各種保険の住所変更 保険会社・共済組合に電話連絡
新住所の近所への挨拶 留守がちな家には挨拶状をポストにいれておくと良い
インターネット プロバイダなどに変更手続きを行う
 
 
 

引越しのポイント

書籍類 本のサイズごとに分け、ダンボール箱に入れます。
入れすぎると重くなるので荷物は一人で運べる重さに抑えましょう。
食器類
調味料類 使いかけの調味料類は、漏れないように、口をラップで覆ってからふたを閉める。びんの口を新聞紙や布なので巻き動かないように箱に詰めます。
衣類 タンスの中身を、引き出しごとに1箱に入れると後で整理が楽になります。
布団 重ねておいて、上から布団袋をかぶせると簡単に包めます。割れ物を一緒にいれないで下さい。
組み立て家具や本棚 分解して、部材をひとまとめにしビニール袋等にいれて金具などはテープ等ではりつけておくとなくす心配がなくなります。
洗濯機 斜めにして水を完全に切っておいて下さい。コード・アースは巻いて洗濯機の中に入れ、ホースは止め具にテープで固定します。
冷蔵庫 引越し前日に中身を取り出し、霜取りをし、水抜きをします。コードを巻いて、裏側にテープで固定してください。
石油ストーブ 引越し前日までに灯油を完全に抜くようにしましょう。
家具 タンス・机等の家具類の中身を空にし、引出しや扉などは飛び出さないようにテープで固定します。
ペット ペットは自分で運ぶか専門の業者に任せましょう。出来ればかかりつけの病院などに相談しておけば安心です。
パソコンなどの
家電製品
パソコン・テレビなどは購入した際の箱に入れて運ぶのが一番です。
箱がない場合はエアーキャップや厚手のタオルなどに包みましょう。
 
copyright(c) 2007 sanei-unsou. All rights reserved.